沖縄離島の旅 宮古島での過ごし方のすすめ

エメラルドグリーンのビーチで、ゆっくり過ごそう!

宮古島へは、東京や大阪からの直行便もありますし、那覇空港で乗り継ぐ航空便もあります。いずれにしてもアクセスが便利な離島で、都会の喧騒からわずか数時間で、南国のゆったりとした時間の流れの中に心身を癒すことができます。
宮古島では、ぜひ「与那覇前ビーチ」に行ってください。白い砂浜が7kmも続き、透明度の高いエメラルドグリーンの海があなたを迎えてくれます。東シナ海に沈む夕日がオレンジ色に輝き、その美しさに言葉を失うことでしょう。「吉野海岸」もおススメです。島の南東部にあり、水深が約1mなので初心者でも楽しみやすいビーチで、波打ち際までせまったサンゴ礁に集まってくる様々な熱帯魚を観察できます。国内とは思えない海辺で、ゆっくりとした時間を過ごしませんか。

橋を渡って、さらなる離島でのんびりと過ごそう!

宮古島から橋を渡って近くの離島に行くと、プライベートビーチのような静かな砂浜で過ごすことができます。
約3.5kmの橋を渡って行くことのできる伊良部島には、遠浅の海に大小の岩の転がっている「佐和田の浜」や真っ白な砂浜が続く「渡口の浜」などでのんびり過ごせます。さらに短い橋を渡った下地島は、日本で唯一のジェット機のパイロット訓練場がありますので、タッチ&ゴーを繰り返す様子を間近で見られます。
周囲10kmほどの池間島にも約1.4kmの橋を渡って行けます。橋の途中の展望台から見る東シナ海の美しさに心が癒されることでしょう。島の周辺にはサンゴ礁群が散在し、「八重干瀬(やびじ)」はダイビングスポットとしてもよく知られています。
宮古島の南西には、約1.7kmの橋で結ばれた来間島があります。「竜宮城展望台」から見る来間大橋や与那覇前ビーチの景色も絶景としか言いようがありません。